ふだん着物の髪型


着物を着るときに肝心なのが髪型。
結婚式などの正式な場ではないふだんのお出かけなら美容院へ行かずに自力で整えてみましょう。

 

 

 

 セルフセットのための工夫  

どんな風に仕上がるかはそのとき次第。
それが素人らしさということで、気軽に楽しんでみましょう。

ロングヘアでもショートヘアでも、大別して
紬や小紋などカジュアル着物ほど「さりげなく」
付下げなどよそ行き度がアップするほど「これ見よがし」
をキーワードにまとめると調和するように思います。

ちなみに、髪はきものを着付ける前にまとめておきます。
後からすると、きものを汚しやすく、腕を高く上げると着崩れの原因になります。

★まとめ髪のスゴ技グッズ・盛り髪ベース


髪をアップするとき、ボリュームを出すために逆毛を立てる代わりに使います。
洋服の肩パットのような形状で、表面がマジックテープ状になっています。
逆毛を立てたい部分にのせて上から髪をかぶせるだけでOKです。
写真のノーブル㈱『盛り髪ベース』の他、400~600円程度で市販されています。

 

 ふだん着物の髪型例  

具体的なヘアスタイルをご紹介しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーブル 盛り髪ベース 大・小各1個入 NOBLE
価格:600円(税込、送料別) (2017/7/10時点)