寒さ対策・アウター

和服は一般的に暖かいといいますが、簡単に脱ぎ着できませんから、寒暖を調節するためにアウターを用意しましょう。

 羽織  

昭和のころ、卒業式や入学式に母親が紋付きの黒羽織を着ていた記憶のある方もいらっしゃると思います。
最近では改まった場できることはめっきり減り、どちらかというとカジュアルに洋服でいうカーディガンやジャケット感覚で着ることが増えています。
ふだん着物なら、無地だけでなく大胆な柄のレトロ羽織なども気軽に着られます。

 道行きコート 

羽織のように前が開いておらず、合わせてホックや紐で留めるようになっているのが道行きコートです。これは文字通り移動途中に着るもので、室内に入るときには脱ぎます。すっぽり隠れてしまいますから、おしゃれ心から言っても、室内では脱いで着物を見て欲しいですよね。
雨コートのように、丈が裾まであるコートもあります。

 冬コート  

本格的な冬の防寒には、洋服の冬のコートと同じような厚手のコートが重宝します。
風が入りやすい袖口のふりの部分の空きがないため、格段に暖かいです。
また、羽織や道行きは着物の袖丈と合っていなければいけませんが、このコートなら気にしなくても大丈夫。
かつて普段着として着られていたものが、最近は丈が長くなって復活してきているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 ショール&襟巻き&手袋 

寒さに対する着物の弱点は、襟元。
おしゃれのためではなく、本当に防寒目的なら羽織やコートの上にショールや襟巻きを重ねましょう。

着物用のショールだけでなく、洋装用の大判のストールでもOK。
車の移動だけなら羽織ものなしで、ショールだけでも間に合います。
また、最近ファーが流行していますが、襟元だけのファーは大げさすぎないのでふだん着物にもおすすめです。

着物でもう一ヵ所寒いと感じるのは袖口。
着物の場合、手を伸ばしたときに腕が寒風にさらされてしまうので、手袋は、手首までの短いものより、腕もついた長めのものが暖かいです。
おしゃれ度からいうと、革手袋がより着物に馴染むように思います。

『寒さ対策・インナー』へ

広告