小紋のコーディネイト

35濃色地縞小紋+黒地唐花文袋帯

茶道家の宇山宗圭先生の着こなしです。
着物は小豆色と焦茶色の間のような落ち着いた地色に、細い縞が入り、江戸小紋の万筋に似ています。
でも、堅苦しい感じがしないのは、ちらちらと飛んでいる鳥居のせいでしょうか?とっても小粋で素敵です。

帯は格調高い唐花を織り出した袋帯。
帯揚げは帯の花の色と響き合い、淡いピンクべージュにブルーグレイの花びら。
帯締めはレンガ色です。

実はこの着物、聞かなければわからないほど質感のいい洗える着物。
お母様から受け継いだたくさんの着物をお持ちですが、
新しく仕立てるお稽古着には、あえて洗える着物を選ばれるそう。
活かすための知恵ですね。

広告