18 若芽色地辻が花飛び柄文小紋+金地桐花文袋帯

 

色無地の分類に入れていますが、この着物は全体に地文が入り、かつ辻が花模様が飛び柄になっている小紋です。じっくり見ないと小紋だとは気付かないくらい。小紋の9番にも登場しています。
17番の吉備レマンさんとふたりで相談し、格や雰囲気を揃えました。
少し改まった感覚をアップさせるために、ベージュの伊達衿を添えています。

今回はこの金地の帯を締めてみたかったため、これを最優先に考えました。
いつもはもっと気軽なふだん着物が多いので、手に入れたものの締める機会がないままになっていました。
金地ですが、結婚式など正式なときよりおしゃれ帯的な雰囲気が気に入っています。

帯気は淡いブルーグレイ系、帯締めは藤色と金糸の平帯締めです。