雨の京都・仁和寺VR体験

コロナ禍のなかで

気を付けながらできること、行けそうなところを探す日々…

先日、見つけたのは『仁和寺VR』

秋の本格的なVR企画にむけ、導入イベントとして少人数完全予約制で開催

これなら大丈夫そうかな、と出かけました。

当日は生憎の雨

受付を済ませ、御殿の裏手の大内の間へ行くと

畳の広間にたいそう立派な椅子が3脚のみ

あら、少人数とは3人? しかも同時刻は私たち二人だけ

貸し切り状態でVRがスタートしました。

普段は非公開の千手観音菩薩はじめ不動明王、風神、雷神などの像が

手で触れそうなくらいの空間に次々と浮かび上がり

幻想的な雰囲気で本物より身近に感じられて面白い体験でした。

VRとしては梅田の『天空美術館』に近い印象を持ちました。

VR終了後、金堂を参拝し、御殿とお庭を拝見

これだけ人の入らない写真が撮れるなんて、ある意味、チャンスです!

しかし、人影のまばらな雨のお寺は、風情があるとはいえ

これほど空いているとは・・・

コロナの影響は京都の古刹でも甚大だそうです。

せっかくだからランチだけでもと入った門前の小料理屋さんもガラガラ

リスクをなるべく避けながら、出かけることも大切なのでしょうね。